小論文の書き方で意識すべき2つのポイント

男女

テンプレートを知る

小論文の書き方で最も大切なことは「テンプレートを知ること」です。小論文には起承転結が必要です。例えば、問題提起から始まり反対意見への理解、自分の意見を提示、理由説明、結論、という風に進みます。基本的に文章の書き方はテンプレートで表すことができ、それに沿うことができればまとまった小論文を作ることができます。

何回も練習する

なにごとも上達するには練習が必要です。とにかく何回も練習しましょう。様々なテーマに取り組み、添削してもらうことで小論文は上達していきます。自分の間違えやすい表現や、得意な書き方を見つけていきましょう。

小論文についての疑問

専門学校も小論文がでる?

専門学校の受験も小論文が課されることがあります。医療秘書の専門学校を目指している方も、小論文の対策は忘れないようにしましょう。

小論文対策ができるサイトはある?

小論文対策のためのサイトはいくつもあります。国家資格一覧サイトのように、様々な情報をチェックすることが可能です。ぜひ利用してみましょう。

作文との違いは?

作文はどちらかというと「自己PR文」の側面が強く、小論文は「説明文章」の分類に入ります。同じようで書く内容は全く違うので気をつけましょう。

小論文の文字数は?

文字数は、課される小論文によって変わります。「◯◯字以内」や「◯◯字程度」と記載されているので、そのルールに従って書くようにしましょう。

理想の段落数は?

3~4段落でまとめると読みやすい文章になります。各段落で内容をしっかりと分けましょう。段落分けが適切でないと、減点されることもあるので注意が必要です。

進学予定の方は要チェック

原稿用紙

小論文の書き方を学ぶ前にやっておきたいこと

小論文で高得点をとるために、「過去問題の研究」と「時事ニュースのチェック」は怠らないようにしましょう。小論文対策でも特に重要な要素になります。

READ MORE
勉学

誰でもアクセス可能な国家資格一覧サイトでできること

国家資格一覧サイトでは、「資格が役立つ職業」と「資格の難易度や勉強法」についても調べることができます。国家資格取得を目指している方はぜひチェックしておきましょう。

READ MORE
PCを操作する人

医療秘書の仕事内容と医療秘書専門学校で学べること

医療秘書の仕事内容・医療秘書に必要な資格・医療秘書専門学校で学べること、の3つについて知ることができます。医療秘書はやりがいのある仕事です。

READ MORE
広告募集中